HOME/ビタミンCの真実

研究実績 INDEX
2018 / 2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002 / 2001 /

2008年 研究実績一覧

原著

  1. Shigemoto, K., Kubo, S., Jie, C., Hato, N., Abe, Y., Ueda, N., Kobayashi, N., Kameda, K., Mominoki, K., Miyazawa, A., Ishigami, A., Matsuda, S., Maruyama, N.: Myasthenia gravis experimentally induced with muscle-specific kinase. Ann. N.Y. Acad. Sci. 1132: 93-98 (2008)
  2. Park, J.K., Jeong, D.H., Park, H.Y., Son, K.H., Shin, D.H., Do, S.H., Yang, H.J., Yuan, D.W., Hong, I.H., Goo, M.J., Lee, H.R., Ki, M.R., Ishigami, A., Jeong, K.S.: Hepatoprotective effect of Arazyme on CCl4-induced acute hepatic injury in SMP30 knock-out mice. Toxicology 246: 132-142 (2008)
  3. Furusawa, H., Sato, Y., Tanaka, Y., Inai, Y., Amano, A., Iwama, M., Kondo, Y., Handa, S., Murata, A., Nishikimi, M., Goto, S., Maruyama, N., Takahashi, R., Ishigami, A.: Vitamin C is not essential for carnitine biosynthesis in vivo: verification in vitamin C-depleted senescence marker protein-30/gluconolactonase knockout mice. Biol. Pharm. Bull. 31: 1673-1679 (2008)
  4. Jang, B., Kim, E., Choi, J.K., Jin, J.K., Kim, J.I., Ishigami, A., Maruyama, N., Carp, R.I., Kim, Y.S., Choi, E.K.: Accumulation of citrullinated proteins by up-regulated peptidylarginine deiminase 2 in brains of scrapie-infected mice: a possible role in pathogenesis. Am. J. Pathol. 173: 1129-1142 (2008)
  5. Sato, Y., Kajiyama, S., Amano, A., Kondo, Y., Sasaki, T., Handa, S., Takahashi, R., Fukui, M., Hasegawa, G., Nakamura, N., Fujinawa, H., Mori, T., Ohta, M., Obayashi, H., Maruyama, N., Ishigami, A.: Hydrogen-rich pure water prevents superoxide formation in brain slices of vitamin C-depleted SMP30/GNL knockout mice. Biochem. Biophys. Res. Commun. 375: 346-350 (2008)
  6. Kondo, Y., Sasaki, T., Sato, Y., Amano, A., Aizawa, S., Iwama, M., Handa, S., Shimada, N., Fukuda, M., Akita, M., Lee, J., Jeong, K.S., Maruyama, N., Ishigami, A.: Vitamin C depletion increases superoxide generation in brains of SMP30/GNL knockout mice. Biochem. Biophys. Res. Commun. 377: 291-296 (2008)

総説および解説

  1. 石神昭人 : 未病における肺疾患とビタミンCの関係.日本未病システム学会雑誌 14 241-243 (2008)
  2. 近藤嘉高、石神昭人、丸山直記 : 老化とバイオマーカー.医学のあゆみ 227 563-566 (2008)
  3. 佐藤安訓、石神昭人 : 壊血病は過去の病気ではない.ビタミン 82 609-611 (2008)
  4. 近藤嘉高, 石神昭人 : ヒト赤血球ではstomatin がGlut1と結合することによりデヒドロアスコルビン酸を取り込む.ビタミン 82 : 510-513, 2008
  5. 浅賀宏昭、石神昭人 : ヒト表皮におけるシトルリン化タンパク質の動態.医学と生物学152, 26-33 (2008)
  6. 石神昭人 : ビタミンC不足は慢性閉塞性肺疾患の発症リスクを高める.ビタミン 82, 39-42 (2008)

著書

  1. 石神昭人 : SMP30/GNLノックアウトマウス;"老化・老年病研究のための動物実験ガイドブック"(日本基礎老化学会 編)アドスリー, pp.108-114 (2008)

講演会、シンポジウム

  1. 石神昭人 : アンチエイジングと美容に係わる素材の機能性評価 -ビタミンC生合成欠損マウスの未知なる可能性-. 日経ヘルスビジネスカンファレンス2008 特別講演, 東京, 2008.11.12
  2. 石神昭人 : 老化研究の果てにビタミンCと出会い、再びアンチエイジングを目指して. 第5回 老化・老年病研究センター公開セミナー 講演, 千葉, 2008.11.10
  3. 石神昭人 : Relationship between vitamins and aging from a view point of in joint health. 13th Asia acific League of Association for Rheumatology Congress 講演, Pacifico Yokohama, 東京, 2008.9.26
  4. 石神昭人 : ビタミンC と老化制御、疾患研究. 日本ビタミン学会第60回大会記念シンポジウム "新世紀ビタミン学の先進的展開を目指して" 講演, 仙台, 2008.6.13
  5. 石神昭人 : 美しい皮膚のために~年を重ねていくために今すべきこと~ ビタミンCと老化. 第8回日本抗加齢医学会総会 ロート製薬 ランチョンセミナー 講演, 東京, 2008.6.7
  6. 石神昭人 : 老年学最新セミナー ビタミン摂って老化予防. 介護予防主任運動指導員フォローアップ研修 講演, 東京, 2008.3.5
  7. 石神昭人 : ビタミンCが足りないと老化が進む ビタミン摂って老化予防. 葛飾区選挙管理委員会 有権者のつどい 講演, 東京, 2008.2.20

国際学会

  1. Hasegawa, G., Ishigami, A., Kondo, Y., Kadono, M., Asano, M., Tanaka, M., Hosoda, H., Yamasaki, M., Fukui, M., Nakamura, N. : Role of Senescence Marker Protein-30 in Glucose Homeostasis. American Diabetes Association 68th Scientific Sessions, San Francisco, California, 2008.6.6-10
  2. Ishigami, A. : Abnormal accumulation of citrullinated proteins in the brain from Alzheimer's disease. BK21 & LSTI Seminar, Busan, Korea, 2008.5.14(招待講演)
  3. Amano, A., Sato, Y., Aigaki, T., Maruyama, N., Ishigami, A. : Examination of anti-oxidation ability of vitamin C in vivo by using vitamin C depleted SMP30/GNL knockout mice. The 7th Korea-Japan Joint symposium of Biomedical gerontology, Deague, Korea, 2008.5.15-16
  4. Iwama, M., Kondo, Y., Sato, Y., Amano, A., Uchiki, T., Machida, T., Ishigami, A. : Age-related Changes of Vitamin C Concentration in Various Tissues from Mice. The 7th Korea-Japan Joint symposium of Biomedical gerontology, Deague, Korea, 2008.5.15-16

国内学会

  1. 川上恭司郎、中村明宏、後藤佐多良、中本英子、石神昭人、高橋良哉 : F344ラット肝臓におけるヒストン修飾の加齢変化. 東邦大学薬学部オープンリサーチセンター 第4回老化・老年病研究センター公開セミナー, 千葉, 2008.2.29
  2. 佐藤安訓、石神昭人、高橋良哉 : ビタミンC欠乏が引き起こす肝臓の酸化修飾体及び抗酸化物質の変動. 東邦大学薬学部オープンリサーチセンター 第4回老化・老年病研究センター公開セミナー, 千葉, 2008.2.29
  3. 齊藤康太、鈴木英治、半田節子、石神昭人、奥野洋明 : 新規Aβ凝集阻害剤の合成および評価 ~ベンゾフラン誘導体~. 第128回日本薬学会, 横浜, 2008.3.26-28
  4. 折本亜弥子、鈴木英治、半田節子、石神昭人、奥野洋明 : 新規Aβ凝集阻害剤の合成および評価 ~スチルベン誘導体~. 第128回日本薬学会, 横浜, 2008.3.26-28
  5. 石神昭人、佐藤安訓、高橋良哉 : 慢性閉塞性肺疾患(COPD)モデルマウスの開発. 第128回日本薬学会, 横浜, 2008.3.26-28
  6. 佐藤安訓、永峰賢一、花村高行、青木仁史、天野晶子、近藤嘉高、石神昭人 : ヒト経口摂取によるビタミンCの血中移行、尿中排泄の詳細な検討. 第128回日本薬学会, 横浜, 2008.3.26-28
  7. 永峰賢一、花村高行、青木仁史、佐藤安訓、岩間水輝、天野晶子、近藤嘉高、石神昭人 : 臓器へのビタミンC吸収効率評価系の確立 アセロラパウダーVC30はビタミンC吸収効率が優れている-. 第128回日本薬学会, 横浜, 2008.3.26-28
  8. 古澤元、佐藤安訓、高橋良哉、石神昭人 : 生体内におけるカルニチン合成へのビタミンCの関与. 第128回日本薬学会, 横浜, 2008.3.26-28
  9. 川上恭司郎、中村明宏、中本英子、高橋良哉、石神昭人、後藤佐多良 : ラット肝臓におけるヒストン化学修飾体の加齢変化. 第128回日本薬学会, 横浜, 2008.3.26-28
  10. 石神昭人: 喫煙者必見!ビタミンC不足は慢性閉塞性肺疾患(COPD)発症リスクを高める. ハイライトポスター 第128回日本薬学会, 横浜, 2008.3.26-28
  11. 花村高行、青木仁史、永峰賢一、佐藤安訓、岩間水輝、天野晶子、近藤嘉高、石神昭人 : アセロラ(Malpighia emarginata DC.)果汁のビタミンC吸収効率に関する検討. 日本農芸化学会2008年度大会, 名古屋, 2008.3.26-29
  12. 佐藤安訓、永峰賢一、花村高行、青木仁史、天野晶子、近藤嘉高、石神昭人: ヒト経口1回摂取によるビタミンC及びアセロラビタミンCの吸収や体内動態に関する詳細な検討. 第62回日本栄養・食糧学会, 埼玉, 2008.5.2-4
  13. 岩間水輝、佐藤安訓、永峰賢一、花村高行、青木仁史、天野晶子、近藤嘉高、石神昭人: ビタミンC合成不全マウスを用いたビタミンC吸収効率評価系の確立 -アセロラはビタミンC吸収効率が良い-. 第62回日本栄養・食糧学会, 埼玉, 2008.5.2-4
  14. 天野晶子、近藤嘉高、岩間水輝、佐藤安訓、半田節子、相垣敏郎、石神昭人: ビタミンC生合成経路で働く酵素グルコノラクトナーゼ (SMP30/GNL)の加齢変化. 第62回日本栄養・食糧学会, 埼玉, 2008.5.2-4
  15. 近藤嘉高、佐々木徹、佐藤安訓、天野晶子、岩間水輝、丸山直記、石神昭人: リアルタイムバイオグラフィー法を用いた脳におけるビタミンC活性酸素消去能の検討. 第62回日本栄養・食糧学会, 埼玉, 2008.5.2-4
  16. 宮崎 剛、杉原毅彦、山本精三、内田好昭、石神昭人 : 関節リウマチ患者の血清PAD4値と抗PAD4抗体価の測定. 第81回日本整形外科学会学術総会, 札幌, 2008.5.22-25
  17. 新井浩司、工藤千香子、土屋博之、佐藤安訓、近藤嘉高、野村義宏、石神昭人、西山敏夫: ビタミンC欠乏は皮膚のコラーゲン含量を減少させる. 第40回日本結合組織学会, 東京, 2008.5.29-31
  18. 近藤嘉高、佐々木徹、佐藤安訓、天野晶子、岩間水輝、半田節子、島田信子、福田貢、丸山直記、石神昭人 : 脳におけるビタミンCの活性酸素消去能の解析. 第31回日本基礎老化学会, 松本, 2008.6.12-13
  19. 岩間水輝、佐藤安訓、天野晶子、近藤嘉高、岸本祐樹、町田武生、石神昭人 : マウス臓器中ビタミンCの加齢変化. 第31回日本基礎老化学会, 松本, 2008.6.12-13
  20. 川上恭司郎、中村明宏、後藤佐多良、中本英子、石神昭人、高橋良哉 : ラット肝臓における加齢に伴うヒストン修飾のエピジェネティックな変化. 第31回日本基礎老化学会, 松本, 2008.6.12-13
  21. 田中愼、野田万理子、天野晶子、岩間水輝、岸本祐樹、佐藤安訓、近藤嘉高、石神昭人 : C57BL/6マウスの下顎骨と大腿骨の骨性状. 第31回日本基礎老化学会, 松本, 2008.6.12-13
  22. 田中愼、野田万理子、天野晶子、岩間水輝、岸本祐樹、佐藤安訓、近藤嘉高、石神昭人 : C57BL/6マウスの下顎骨と大腿骨へのビタミンCの影響. 第31回日本基礎老化学会, 松本, 2008.6.12-13
  23. 田中愼、野田万理子、天野晶子、岩間水輝、岸本祐樹、佐藤安訓、近藤嘉高、石神昭人 : SMP-30ノックアウトマウスの下顎骨と大腿骨の骨性状. 第31回日本基礎老化学会, 松本, 2008.6.12-13
  24. 天野晶子、島田信子、岩間水輝、福田貢、半田節子、丸山直記、相垣敏郎、石神昭人 : ビタミン C 欠乏による SVCT1 および SVCT2 発現調節の検討. 第60回日本ビタミン学会, 仙台, 2008.6.13-14
  25. 近藤嘉高、佐々木徹、佐藤安訓、天野晶子、岩間水輝、半田節子、島田信子、福田貢、丸山直記、石神昭人 : 脳におけるビタミンCの活性酸素消去能の検討. 第60回日本ビタミン学会, 仙台, 2008.6.13-14
  26. 佐藤安訓、岸本祐樹、天野晶子、岩間水輝、近藤嘉高、高橋良哉、石神昭人 : ビタミン C 欠乏による肝臓での酸化ストレスの解析. 第60回日本ビタミン学会, 仙台, 2008.6.13-14
  27. 岩間水輝、佐藤安訓、永峰賢一、花村高行、青木仁史、天野晶子、近藤嘉高、石神昭人 : SMP30/GNLノックアウトマウスを用いたビタミンC吸収効率評価系の確立. 第60回日本ビタミン学会, 仙台, 2008.6.13-14
  28. 花村高行、青木仁史、永峰賢一、佐藤安訓、天野晶子、近藤嘉高、石神昭人 : ヒト1回摂取によるビタミンC及びアセロラビタミンCの吸収や体内動態に関する検討. 第60回日本ビタミン学会, 仙台, 2008.6.13-14
  29. 石神昭人、古澤元、佐藤安訓、井内陽子、錦見盛光、村田晃、半田節子、島田信子、福田貢、高橋良哉 : カルニチン合成系へのビタミンCの関与. 第60回日本ビタミン学会, 仙台, 2008.6.13-14
  30. 小池建吾、瀬山邦明、袁益明、秋吉妙子、岩間水輝、天野晶子、佐藤安訓、近藤嘉高、石神昭人、後藤佐多良、丸山直記、高橋和久 : 抗酸化剤摂取はSAMP1の老化を抑制するか?. 第23回老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会研究発表会, 京都, 2008.7.17-18
  31. 石神昭人、半田節子、島田信子、丸山直記、真鍋幸子、高橋良哉、内田好昭 : アルツハイマー病早期臨床検査試薬としてのシトルリン化GFAPサンドイッチELISA法の確立. 第48回日本臨床化学会, 浜松, 2008.8.29-31
  32. 五味恵子、島田信子、福田貢、榊原達哉、半田節子、高橋良哉、丸山直記、石神昭人 : 弱酸性域に至適pHを持つベータガラクトシダーゼ活性を用いた老化度測定法の開発. 第48回日本臨床化学会, 浜松, 2008.8.29-31
  33. 内田好昭、真鍋幸子、半田節子、島田信子、丸山直記、石神昭人 : ヒトPAD4サンドイッチELISA法の確立. 第48回日本臨床化学会, 浜松, 2008.8.29-31
  34. 石神昭人、高橋良哉 : ビタミンCが足りないと老化が進む. 第52回日本薬学会関東支部会, 千葉, 2008.10.4
  35. 近藤嘉高、石神昭人 : ビタミンC不足は脳における活性酸素を増加する-ビタミンCを合成できないSMP30/GNLノックアウトマウスを用いた解析-. 第127回ビタミンC研究委員会, 東京, 2008.10.18
  36. 佐藤安訓、石神昭人 : 水素水の飲用がビタミンCの不足による脳での活性酸素の増加を抑制する. 第127回ビタミンC研究委員会, 東京, 2008.10.18
  37. 岸本成史、手塚 優、西郡秀夫、石川陽平、橋爪公平、黒坂大次郎、近藤嘉高、石神昭人、山本直樹 : SMP30欠損マウスにおける光負荷時の水晶体の変化. 第47回日本薬学会東北支部大会および東北病院薬剤師会総会, 岩手, 2008.10.26
  38. 石神昭人: 未病における肺疾患とビタミンCの関係. 第15回日本未病システム学会, 東京 2008.11.1-2
  39. 近藤嘉高、石神昭人: ビタミンCの持つ抗老化作用. 第15回日本未病システム学会, 東京 2008.11.1-2
  40. 杉原毅彦、宮崎剛、内田好昭、真鍋幸子、半田節子、島田信子、丸山直記、石神昭人: 関節リウマチにおける血漿ペプチジルアルギニンデイミナーゼ4(PAD4)及び抗PAD4自己抗体の検討. 第38回日本免疫学会, 京都, 2008.12.1-3
  41. 半田節子、島田信子、天野晶子、福田貢、近藤嘉高、丸山直記、石神昭人 : マウス肝臓におけるSMP30/GNLの組織学的加齢変化. 第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会合同大会, 神戸, 2008.12.9-12
  42. 近藤嘉高、佐々木徹、佐藤安訓、天野晶子、岩間水輝、半田節子、島田信子、福田貢、丸山直記、石神昭人 : ビタミンC欠乏は脳における活性酸素の生成を増加. 第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会合同大会, 神戸, 2008.12.9-12
  43. 石堂一巳、宮内梨早、高橋昌江、熊坂利夫、三谷恵子、近藤嘉高、石神昭人、丸山直記、勝沼信彦 : 老化マーカータンパク質SMP30はヒト扁平上皮癌におけるアポトーシス促進因子である. 第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会合同大会, 神戸,2008.12.9-12
  44. 若生武、上川奈津子、寺内邦彦、杉本昌隆、石神昭人、島田順一、丸山光生 : 老化関連分子TARSHの癌抑制における機能解析. 第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会合同大会, 神戸, 2008.12.9-12